foglio rossoを支える、革をこよなく愛する職人たち

管理部門 吉川

管理部門

管理部門を担当している最年長の吉川です。

いつもそばにある相棒のようなアイテムを作るために一切妥協しないfoglio rossoのコンセプトに共感し、志願しました。

職人が手仕事で丁寧に仕上げた『丈夫で、使い込むほどに味の出る、シンプルな革製品』の魅力を多くの人に伝えていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

広告宣伝部門 清水

広告宣伝部門

広告宣伝部門を担当している清水です。

革小物は、使う年月で自分らしさが革に表れていきます。使う年月で様々な「色」を魅せる革小物の魅力を皆様にもお伝えしていければと思います。
よろしくお願いします。

製造部門 高嶋

製造部門

製造の髙嶋です。

昔からモノづくりが好きで、何もかも忘れて目の前の作業に没頭している時に幸せを感じます。Foglio rossoの商品は、安かろう、悪かろうではありません。
職人による手作りにのぬくもりや人間らしさが特徴です。

何よりも、お客様が長く使っていくうちに手になじみ、持っていると安心できるような商品でありたい、と思っています。

検品部門スタッフ

検品部門

検品担当の革製品が大好きな沼澤です。

職人が、お客様に喜んでいただけるような商品を作ろうと、日々奮闘している姿を見て、商品の最後の砦となる検品を1つ1つ正確にすることを心がけています。

心を込めてひと針ひと針、丁寧に仕上げて出来上がった商品を見ると、我が子のような思いが募ると共に、お客様が手に取って喜んでいただける姿が目に浮かびます。

商品を手に取った全てのお客様が、Follio Rossoの製品を愛おしく思って下さると嬉しいです。どうぞよろしくお願いいたします!

職人の作業のサポートと検品を担当しています。

元々、ゼロからモノを作っていく工程が大好きで、職人が一針一針手作業で商品を作り上げる、この仕事に携われたことがとても嬉しいです。

縫製の作業は決してラクではないのですが、作っている職人の表情はとてもイキイキしていて、商品を大事に思う気持ちが伝わります。
そんな想いをお客様に届けられるよう、頑張ります。

この春、検品部門に配属になりました黒田と申します。

私の実家は栃木県益子町で焼き物屋を営んでいます。
Foglio rossoの黙々と仕事をする職人たちに、私は実家の挟持を持って仕事をする職人達の姿を重ねています。

そんな彼らが作る革製人には、民藝と呼ばれる陶器の暖かさと通じるものがあります。
真摯な姿勢でものづくりに携わる彼らの製品を是非一度お手にとっていただきたいと思います。

広報&製造部門

広報兼製造担当の田原です。

元々レザー製品が好きで、実際にfogliorossoの職人が一つ一つ丁寧に製作している様子を見て、私も作ってみたいと思いました。
いつか皆様の手に届けられるような商品を作れるように、頑張っていきます。
また広報としても、職人の細部へのこだわりまで伝えられるように頑張ります。

foglio rossooの製品は全て一年以内の修理を無料で承ります

一年以内に通常の使用で破損した箇所について無償で修理を承ります。
修理をご依頼される際は当ホームページにあります「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。出来る限りの修理をさせていただきます。
電話:03-6808-1670 (10時~16時)
FAX:03-6808-1675